セックスの相性さえ良ければ付き合える

やれるアプリやアプリが普及している今の時代は、恋人やメル友やセフレなども簡単に探せるようになりました。
その中でも、最近になって増加しているのがセフレを目的としている人であり、体のお付き合いができるパートナーを精力的に探しているわけです。

さて、セフレ関係の大きな特徴とも言えるのが、セックスの相性さえ良ければ付き合えるという点です。
要するに、他の部分は一切気にせずに、セックスをして満足することさえできれば、問題なく関係を結ぶことができるのです。

恋人関係の場合は、お互いの性格やタイプ、さらには恋愛に対する考え方など、いろんな要素を踏まえた上で判断するわけです。
したがって、たとえセックスの相性があまり良くなくても、他の部分が充実しているなら付き合うことができますし、逆にセックスだけ良くても他がダメでは付き合うことは難しいわけです。

そういう意味では、セックスの相性だけで決められるセフレ関係というのは、分かりやすくてシンプルだと言えるかもしれません。

セフレなら出費の方も抑えられる

セックスをするためには何かとお金がかかるものです。
例えば恋人の場合であれば、事前にデートをしたりご飯を食べたりすることになるわけですから、それだけでも結構な出費になります。
あるいは風俗を利用する場合でも、それなりの料金を支払うことになりますし、しかもできることも限られているわけです。

しかしセフレの場合であれば、必要となるお金はホテル代と交通費ぐらいです。
その前に軽くお茶をするにしても、ほんの1000円前後で済みます。

このように、セフレなら出費の方も抑えることができますから、それも魅力の1つとなっているのです。
相手を探すにしても、無料のサイトやアプリを活用すればいいわけですから、そこにもお金は一切かからないわけです。
ナンパなどでセフレを作ろうと思ったら、ご飯を奢ってあげたりしないといけないので、それはそれでお金がかかりますから。

セックスできる相手が欲しいけど、金銭的にあまり余裕がない人にとっては、セフレというのは魅力的な選択肢なのです。

容姿やルックスはそこまで重要ではない

セフレアプリを使って、女性とセフレ関係になりたいと思っている男性も多いかもしれません。
ただ、その際にどうしても気になるのが、容姿やルックスに関する部分だと思います。

やはり見た目がかっこよくて、容姿が優れている男性の方が、セフレを作る上で圧倒的に有利になるのでしょうか?
確かに、イケメン男性とセックスをしたいと思う女性がいることも事実です。
ただ、少なくともアプリを使ってのセフレ作りであれば、容姿やルックスはそこまで重要ではないのです。

セフレサイトやアプリを利用するような女性は、かっこいい男性とセックスをしたい気持ちよりも、とにかく性欲を満たして満足したいという思いの方が強いのです。
なので、女性の希望や願望をしっかりと叶えてあげられる男性であれば、容姿やルックスはほとんど関係ないのです。

もちろん、出会う際には清潔な見た目を心がけるようにして、服装などにもある程度は気を遣うようにしましょう。
ただ、特別何かをする必要は一切ありませんし、普段通りの自分で接すればいいのです。

堂々とセフレを作る人はほとんどいない

決してセフレを作るという行為は、法に反するわけでも罪に問われるわけでもありません。
しかしほとんどの人は、セフレを作る際には誰にも知られないようにこっそりと行うわけです。

今はアプリでセフレを作れる時代ですから、それなら誰にも知られずに相手探しができます。
実際に出会う時でも、なるべく人が少ない場所を選んで、お互いの住んでいる地域から離れたところを選ぶのです。

やはり、いくら法的には全く問題ない行為とはいえ、世間からのイメージは決して良くありませんし、大多数の人が否定的な目で見るのが現状ですから、堂々とセフレを作れるものではないのです。

まして、恋人がいる人や既婚という立場の人は、より一層周囲に知られないようにしないといけないわけです。
友人に見られたりすれば、そこから話が広まってパートナーに伝わる恐れがあるので、かなり慎重にセフレを作る必要があるのです。

今後も多少イメージが改善されることはあっても、劇的に変わることはないでしょうから、それを受け入れるしかないのです。

性欲のためにセックスをすることへの抵抗感が薄れた

今や多くの人がアプリなどを活用してセフレを作っているわけですが、もちろん昔からセフレを作る人はいたでしょう。
しかしその頃に比べると、セフレを求める人の数は格段に増えているのです。

なぜこれだけ多くの人がセフレを求めるようになったのでしょうか。
もちろん、ネットの普及やアプリの登場なども要因の1つでしょうが、それ以上に大きな理由があると思うのです。

昔は、セックスは本当に好きな人とやるべきという考え方が強かったです。
そのため、たとえ性欲に飢えていたとしても、それを満たすためだけにセックスをすることは、タブー視されていた時代だったのです。

しかし時代が進むにつれて、性欲を満たすためにセックスをすることへの抵抗感が薄くなっていったのです。
独身者の増加や晩婚化、女性の社会進出など色々な要因があるでしょうが、いずれにしてもこれらがセフレ増加の大きなきっかけとなったのです。

そこに加えて、アプリややれるアプリなどが登場したことで、よりセフレが作りやすくなったわけです。

パートナーがいるからこそセフレを作る

セフレサイトやアプリを利用するのは、必ずしもフリーの人ばかりとは限らないのです。
要するに、本命の恋人がいたり、すでに結婚をしていて婚約者がいる人でも、セフレを作る人はたくさんいるのです。

それにしても、普通に考えればセックスができる相手がいるわけですから、なぜパートナーがいるにも関わらず、セフレを作ろうとするのでしょうか?
これに関しては、むしろ「パートナーがいるからこそセフレを作る」、といった表現の方が正しいかもしれません。

恋人もいないフリーの人であれば、自由に風俗を利用することもできますし、ナンパや合コンなども好き放題できるわけです。
でも、パートナーがいるとそれらの自由が大幅に制限されてしまうわけです。

そうなると、もしパートナーとのセックスで満足できなかったり、性欲を満たせなくなってしまうと、セフレを作るという行為に走ることが多いのです。
フリーの状況なら他にもいろんな選択肢がありますが、恋人や婚約者がいるとそうもいかないのです。

なぜセフレはバレることが少ないのか

浮気や不倫と違ってセフレの場合は、パートナーにバレる可能性がかなり低いです。
その理由としては、出会う頻度の少なさや、アプリを使って相手を探せること、セックス以上の付き合いをしないことも、大きな要因ではあるでしょう。
しかしもう1つ、セフレがバレにくい大きな理由があるのです。

浮気や不倫の場合、どうしてもパートナーへの接し方が変化することが多いのです。
急によそよそしくなったり、今までより変に優しくなったりすることで、「なんかおかしい」と勘付かれてしまうことも少なくありません。

そうなってしまうのは、やはり罪悪感や後ろめたい気持ちが強いことから、自分では意識しているつもりはなくても、自然とそのような行動を取ってしまうのです。

一方でセフレの場合は、完全に割り切った関係であることから、そこまで罪の重さを感じることはないのです。
浮気や不倫に比べると、「絶対にやってはいけないこと」というわけではないので、パートナーへの接し方もそこまで変わらないわけです。